スマホから電話する

マンションに鳩が!取り組みたい対策とは

マンションに鳩が飛来してお困りではないでしょうか?
マンション共用部にはもちろん、各住居のベランダに出没したりということが良くあります。
住人の方も鳩の糞や抜けた羽などを気にしているかもしれません。

鳩対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

マンション管理者と住人の協力が必要

マンションでの鳩の被害は共用部分の「階段」や「外廊下」などと、入居者のみが入れる「ベランダ」などに多くみられます。

ベランダで鳩が気になる場合には、入居者の方の協力が不可欠です。
鳩対策はマンション全体で取り組んでいくことが、解決への近道なのです。

鳩の被害

どこからともなくやってくる鳩。
マンションの至る所を我が物顔で歩いています。一時的であれば追い払うことが簡単ですが、いつのまにやら帰ってきてしまいます。

鳩が来ることによって気になることは、どんなことでしょうか。
・鳩の糞
・抜け落ちてしまった羽
・巣作り
・産卵から子育て

鳩は物陰で身を隠せるような場所や、安心して過ごせる狭いスペースを好みます。
自分のにおいを糞などでつけながら、徐々にその場所に慣れて定着していきます。

例えば、ベランダにある室外機の上や裏。大きな植木鉢の隙間、外階段のちょっとしたくぼみ。
特に人気のない寂し気な場所を好みます。

対策としてはまずはマンション内を定期的に見回ることです。人が活発に活動していると鳩に認知させます。マンションの共用部は管理員さんなど、ベランダは入居者がそれぞれ行動していきます。
鳩が「ここは安全な場所ではない」と思うことが非常に重要です。

鳩を隠避する方法

鳩を隠避するには段階に応じて、対応方法が異なります。
その状況に応じて方法を考えていくと良いでしょう。

軽度:鳩がたまに現れる程度

隠避効果のあるスプレーやジェルを撒く。
鳩は嗅覚が優れています。鳩が嫌いな臭いのするスプレーやジェルを使うことで、鳩の飛来を防ぐ効果があります。

■鳩が嫌いな臭い

・ローズマリー、バラ、ミントなどのハーブ系のオイル
・漂白剤
・ニコチン

これらを水で薄めてスプレー容器に入れて、鳩が良く出る場所に撒くと効果的です。
市販で売っているスプレーやジェルを購入するのもおススメです。
共用部に撒く場合は入居者が嫌な気分にならないように注意しましょう。

中度:鳩が飛来する回数が増える

鳩が飛来する回数が増えるということは、臭いによる対策の効果が薄くなっていると判断できます。
次のステップとしては、階段やベランダの手すり、室外機などにとまれないようにします。
そのためには、鳥害被害専用の剣山やスパイクを設置すると良いです。
また、鳩が不快に感じる超音波や振動を出す器具もありますので、状況に応じて使い分けてください。

重度:巣作りをしている

鳩は自分の糞などがあると居心地がよくなり警戒心が薄れます。
そうなってくると、巣を作り始め、卵を産んで子育てを始めてしまうことがあります。

そうなるまえに、設置可能な場所なら防護ネットを利用すると良いでしょう。鳩の侵入を防げますので、巣作りができなくなります。

掃除での対応

鳩は、帰巣本能がありますので自分の居場所に帰ってきます。
また、嗅覚が優れているので、糞から自分のにおいがする場所では警戒心が薄らぐ習性もあります。

鳩に居心地の良い場所を提供しないためにも、定期的な清掃が必要です。
もしも、清掃がまめにできない場合は委託することがお勧めです。

定期的な巡回、清掃が必要な場合は是非弊社にお問い合わせください!
解決策をご提案いたします。

マンション清掃メニューはこちら

ブログ一覧に戻る

このページのトップに戻る